読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と酒とその他もろもろ

日々起きたことをのんびりと綴ってゆきます。

1泊2日山口弾丸旅行記

ちょいと実家に帰ってました。ただいま千葉県。

さて、今回の弾丸の目的は主に3つ。

でした。

帰省

久しぶりに両親と祖母、妹に会ってきました。妹はちょうど高3で、なんでも山大工学部(機械)受けるか山口東京理科大受けるかで悩んでるそうで。受験生は大変やな。

お土産はいつものごとくキャラグッズ。今回は黒バスだったけど次はおそらくFateかな。

衣替え

今さらですがようやく私服が冬服に移行しました。実家にほとんど置いてただけあって千葉へ持って帰る量もなかなかに…(汗)

しかしこれで千葉の冬は越せそうです。一安心。

山口大学管弦楽団第59回定期演奏会

目的の中でも今回はこれがメインでした。自分たちの一つ下の代の卒演。なんというか、すべてが素晴らしかった。曲と感想の詳細は以下。多少上から目線なのは御愛嬌ということで見逃していただけると助かります(汗)

セビリアの理髪師/ロッシーニ

現在の3年生が中心になっての演奏は、正直今までの定期演奏会を見てきた限りではかなり不安要素が大きく、大丈夫かな?という気持ちで聴いてました。

でもこれがビックリ。弦(特にVn)がめちゃくちゃ成長してて、技術系はもちろんみんなで努力したのがよくわかりました。

木管も昨年と比較してもやっぱり上手くなったなあ。先生のレッスンちゃんと受けてたみたいだし成果が出たようでなによりでした。

あと指揮者がよかった。くらたの指揮はやりたいことをしっかりと表現できてたと思うし、なにより振ってる本人が楽しそうだったのがとても伝わってきて、聴いてて楽しいのと同時に羨ましかったなぁ…。来年もまた期待してます。

仮面舞踏会/ハチャトゥリアン

ソロが素晴らしい、勢いが素晴らしい、そしてそれらを引き出した指揮者が素晴らしいと個人的にとても感動しました。メジャーだけどその難易度はかなりのものだったと思うし、合わせるのも大変だったと思う。

そしてこれも指揮者が良かった!昨年の定演、合演とは比較にならない、本当に素晴らしい指揮でした。本人曰く吹っ切れたそうだけど、彼の求めてる音楽が後姿からでも伝わってくるようなそんな迫力のある良い指揮、演奏でした。4年間お疲れさまでした。

交響曲第9番/ドヴォルザーク

去年は乗ってたので外から見るのは初めてでしたが、川本先生、最っ高でした!

1楽章冒頭でちょっと不安になりましたが、その程度のことは忘れさせてくれるほど圧巻の演奏でした。みんな本当によく頑張ったと思います。

そしてアンコールにシベリウスの「フィンランディア」……管楽器殺す気か!?とも思ったけど、みんな一度やったことあるだけあってさらにパワフルでエネルギッシュな演奏でした!ブラボー!!

今回の演奏会は聴いてる間はずっと気持ちが高ぶってて、終わった瞬間は本当に言葉にならなくて、とにかく感動して、涙が止まらない演奏会でした。本当に、本当に素晴らしかった…!!

その後

演奏会の後は現役生と客演の先輩方とレセプション。なんかすごく懐かしい雰囲気の空間でした。

でもって現役が打ち上げしてるすぐ側の店で同級生で集まって飲み。やっぱSNSの拡散力って怖いと思った(笑)実際ブログ見てるって言われるとなんというか気恥ずかしさがすごくあった。それでも書くけど。

それと昼間会った同級生も含めてみんな元気そうでよかった。

そのあとは弟の家で寝るつもりが気づけば練習棟で毛布にくるまってました。案外寝れる。いけるやん!身体痛くなる程度だし!(錯乱)

起きてからは実家に戻ってバンドメンバーの新ちゃん、さゆりと飯食いに行きました。よかった、新ちゃん変わってない(腹部を凝視)。そのあと偶然しょうへいにも会えたし、工学部行ってよかった。またそのうち行きたいですな。

おわりに

毎回帰省するたびに不完全燃焼というか帰る意味あるっけってのがあったけど、今回は帰ってこれて本当によかった。少なくともあと2回は行くので見かけたら声かけてやってください。喜びます。

今日の1曲

やはりこれでしょう。

www.youtube.com